• 歯科マナベデンタルクリニック(大阪インプラントセンター併設)のトップページ
  • 歯科治療を行う上での方針・コンセプト
  • アモウデンタルクリニックのスタッフ紹介
  • インプラントオペ室・CTなどの院内設備紹介
  • インプラント費用・ホワイトニング費用・他自由診療の費用
  • 治療を受けた患者様の声・口コミ
  • 歯科マナベデンタルクリニック(大阪インプラントセンター)へのアクセス
  • 歯科マナベデンタルクリニック(大阪インプラントセンター)へのお問い合わせ

インプラント・歯科マナベデンタルクリニック

HOME >> インプラントとは

インプラントとは

インプラントとは

インプラント治療とは、歯の失われた部分のあごの骨の中に人工歯根(当院ではスクリュー型の純チタンを使用)を埋め込み、それを支えとして歯を作る治療法です。
診療室とは別に手術室を完備しており、熟練した技術をもって対応しております。

歯を失ってしまった場合、多くの方は以下のようなお悩みを抱えています。

  • 噛みにくいため食事に制限がある
  • 発音がおかしい、はっきり話せない
  • 歯や口元が気になり集中できない
  • 頭痛・筋肉痛に悩ませられている

などなど、外見や健康面さらには精神面にも生じる影響は様々なようです。また、お口の中では歯が抜けたことで周りの骨が徐々に痩せ、健康な歯までもが動いてきて、やがてしっかり噛めなくなるということや、入れ歯が歯茎にぶつかる刺激に反応して、ますますやせ細り、作った入れ歯が合わなくなる等の恐れがあります。

インプラント治療のメリットは、歯茎が痩せてしまうことなく、また回復してくることさえあるということ。入れ歯と違い、固定性でガタつきが無いため、しっかり噛むことができます。
食事や会話が楽しめるようになり、噛む機能だけではなく見た目の審美性にも優れています。

埋入後もケア・定期検査を行えば、半永久的にご利用いただけます。

インプラントの素材

インプラントの歴史は古く、紀元前から始まっていたと言われ、貝殻、サファイア、鉄、ステンレス、アルミニウムなど多様な素材が使われ、どれも良好な結果が得られずに淘汰されていきました。

しかし、1965年にスウェーデンの学者で応用生体工学研究所所長のペル・イングヴァール・ブローネマルク教授が開発したチタン製のインプラントが、おどろくべき成果をあげました。
最初に治療を受けた患者さんは、亡くなるまでの40年以上最期までインプラントは完璧に機能し、後遺症も無かったと報告されています。これはチタンが骨と結合するという特質をもっていたからです。
チタンは生体親和性が非常に高く、人体へ入れる人工関節、人工心臓、ボルトなどの素材としても広く使用されており、純チタンでアレルギーを起こす事は、ほとんどありません。(当医院はスクリュー型の純チタンを使用しております)
当院では、この安全で予知性の高い『ブローネマルクシステム』を採用しています。

インプラント治療の成功率

インプラント治療は、従来の入れ歯治療やブリッジと比べ、様々な利点がある事で注目されており、当院でもインプラントの症例数や埋入本数は年々増えています。
インプラントの成功率はおよそ98%(失った歯の部位などによっても異なります)と非常に高い確立で成功しています。当院では、診療室とは別に手術室を完備し、徹底した衛生管理のもと、熟練した技術をもって対応させていただいており、患者様に安心して治療を受けていただけるよう心がけています。

歯科マナベデンタルクリニックでは、大阪インプラントセンター梅田にてCT撮影を承っております。
お気軽にご相談ください。
このページの先頭へ