• 歯科マナベデンタルクリニック(大阪インプラントセンター併設)のトップページ
  • 歯科治療を行う上での方針・コンセプト
  • アモウデンタルクリニックのスタッフ紹介
  • インプラントオペ室・CTなどの院内設備紹介
  • インプラント費用・ホワイトニング費用・他自由診療の費用
  • 治療を受けた患者様の声・口コミ
  • 歯科マナベデンタルクリニック(大阪インプラントセンター)へのアクセス
  • 歯科マナベデンタルクリニック(大阪インプラントセンター)へのお問い合わせ

インプラント・歯科マナベデンタルクリニック

HOME >> インプラント >>サイナスリフト

サイナスリフト

上顎の骨が少なくても“サイナスリフト”ならインプラント治療が可能です

上顎洞(サイナスリフト)

上顎の歯槽骨の上部には、上顎洞(サイナス)という空洞があり、鼻腔につながっています。

通常は、その上顎洞の下にある部分の骨にインプラントを埋め込みます。しかし、その部分に骨が十分に無い場合があります。

その場合、サイナスリフトという治療法により、インプラントが可能になります。

サイナスリフトとは、上顎洞を上に持ち上げ、骨を作りながらインプラントを埋め込む方法のことをいいます。(手術の方法によっては、ソケットリフトと呼ばれるものもあります)。
骨の厚みが1mm〜3mmの場合や、多くの歯が欠損している時に行います。

サイナスリフトの具体的な進め方は、以下をご覧ください。

サイナスリフトの適応症

サイナスリフトの適応症

(1)上の奥歯を失った場合

上の奥歯を失ってしまうと、上顎洞が下へ向かって拡大していきます。さらに失った歯の周囲の歯槽骨が吸収されていくため、歯槽骨の厚みが急激に減少していきます。

サイナスリフトの適応症

(2)骨が十分に無い場合

上顎洞の歯槽骨にインプラントを入れるための骨が十分に無い場合、サイナスリフトによって骨の高さを確保します。

治療の流れ

サイナスリフト・治療の流れ

上顎洞粘膜を離して、上顎洞を上に持ち上げたことによってできた隙間に、骨補てん材や自家骨(自分の骨)を移植します。そうすることで、上顎洞底部の位置を上げ、インプラントを埋入するための骨を確保します。

サイナスリフト・治療の流れ

骨に厚みがある場合は、サイナスリフトとインプラント埋入を同時に行います(一回法)。しかし著しく骨の厚みがない(1mm〜3mm程度の)場合、まずサイナスリフトを行い、骨が安定するまで3〜6ヶ月ほど置いてからインプラントを埋入します(二回法)。

このページの先頭へ